剪定作業開始!

みなさん、こんにちは。

このところ寒い日と暖かい日が交互にやってきていますが、元気にお過ごしでしょうか?とは言え、今週末からは本部町で桜まつりも始まり、春も着実に近づいてきているようです。

シルバー人材センターで管理している桑畑でも、この春の果実収穫に備えた剪定作業が既に始まっています。

次の画像はシルバー人材センターで管理している植付け3年目になる果実生産用の桑株です。今年から本格的な果実収穫を開始します。大粒系の在来種で、土地生産性及び収穫能率の向上が期待できます。昨年の11月に偶発的に発芽してしまった枝には、季節外れの果実が着いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬期間の剪定作業は二段階に分けて行います。先ずは株元の細い枝、あるいは倒れてしまっている枝等を切り取り、混み入った部分の枝を間引きします。次の画像は第一段階の剪定開始前と終了後の状態の比較です。株がまだ若いため、枝数が少なく、剪定作業で切除される細かい枝は多くはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二段階はこの先2月に行います。残った枝を果実収穫に備えて人の顔の高さ程度に切り揃え、斉一な発芽を促すために摘葉処理をします。そして、4月には枝もたわわに果実が着いてくれることでしょう。

今回の花画像は、内地で年末に咲く数少ない花のひとつ、スイセンです。朝方には気温が氷点下近くまで下がる寒い中で花を咲かせる姿が健気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr. Kuwa