桑の実の収穫終了

みなさん、こんにちは!

今年の梅雨入りは例年より早そうだという予報が出ていますが、時折のぞく日差しは夏を思わせる強さになっていますね。

今シーズンの桑の実の収穫は4月初めに始まり、先週末でほぼ終了しました。収穫開始直後は雨の日が続き、果実の糖度は例年の7割程度となって、品質低下が懸念されましたが、後半は天候も回復し、糖度も持ち直してきました。

収穫した果実は、まだ試作品中心になりますが、ジャム、アイスクリーム、リキュールなどに加工する予定です。

下の画像は市内伊祖地区に植え付けられた株の結実状況です。植付け2年目の若い株ですが、このようにたくさんの実を着けてくれました。

P4040219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県内各地から収集したシマグワ野生株からの果実生産に適した個体の選抜については、ほぼ終了したところです。収集した桑の一部を比較したのが次の画像です。シマグワの果実にも変異があります。大きいもの、小さいもの、熟しても濃桃色のものなどがあります。不思議なことに熟したときの色が薄い方が、糖度が高い傾向にあります。

P4210323

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在これらの選抜した個体の果実をさらに大型化するように改良を加えているところです。浦添オリジナルの果実生産用桑品種の登場ももうすぐです。ご期待ください。

Mr.  Kuwa