コロナ禍での気づき。

新型ウィルス「コロナ」の感染で、今年の日常生活はがらりと変わってしまった。

そんな自粛の間に、ある方は薬膳マスターの資格を取ったと聞き、なんと前向きだろうと感心している。私はと言ううと、いつもの年よりも縫物の時間が多かった。

マスクを作ったり、孫の為に小さな縫いぐるみを作ったりしている。生地を整えミシンを動かしと、一連の作業の中で針に糸を通して手を動かし始めると、特別な感情が湧いてきた。心が落ち着き、この作業が大好き!・・・・と、気づいた💛 輪廻転生があると言うけれど、何生目かで携わった事があるかもしれない。

ここちよい余韻の中で桑のパウダー茶に「ひと滴💧」のシークヮーサーを落とすと、記憶の底をたどり寄せることが出来るかもしれない。

てだ桑茶パウダー