桑の実とハスカップのワイン

みなさん、こんにちは。

相変わらずのコロナ渦の中、様々な制約を受け、個々の不安も募るばかりの今日この頃です。私たちの桑畑も剪定作業も終えて新芽が春の風で揺れています。そんな中、2月14日のバレンタインデーに合わせて、桑の実のワイン第3弾の発売となりました。「ミュール・ドゥ・ソレイユ」太陽の果実。浦添市の太陽の街にちなんで命名となっております。

日頃から商品開発でお世話になっております。沖縄高専と北海道苫小牧高専のご縁で6年前から話がすすめられ、北海道産ハスカップの特徴、沖縄県浦添市の桑の実の特徴が合わさり、フルーティーで爽やかな酸味のあるワインに仕上がっております。黄金比率はその年の天候によって変わってきます。今回は浦添市産桑果実を80%、北海道産ハスカップを20%使用しております。

現在、桑の実ワイン第3弾の発売となりますが、パッケージに浦添八景を採用しています。第1弾は浦添市美術館、第2弾はワカリジー(為朝岩)、今回は浦添グスク(浦添城跡)となっております。毎年浦添八景を採用していく予定です。

一つの商品が生まれる過程において、いろいろな秘話が誕生しますが、人と人との絆、繋がりが不安な中、北海道と沖縄、北と南の絆がますます味わい深いものとなっております。是非ご賞味ください。

本数に限りがございます。今現在で残り3本となりました。大切な方へのバレンタインの告白や自分へのご褒美にご利用ください。

第1弾、浦添市美術館
第2弾、ワカリジー(為朝岩)
第3弾、浦添グスク(浦添城跡)

毎年、少ない本数ではございますが、一瞬で売り切れております。ご購入されました方には心より感謝申し上げます。来年も発売を予定しておりますので、どうぞよろしくお願い致します。